福岡県八女郡広川町 社会福祉法人 幸輪会「下広川保育園」― 当園について 保育理念・園長あいさつ ― 飾り

当園について | 保育理念・園長あいさつ

当園について

下広川保育園 下広川保育イラスト

雲

雲

イラスト下広川保育園の
保育理念イラスト

これからの日本を支えていくのは子どもたちです。一人ひとり違った個性を持って生まれてきた子どもたちには、それぞれの個性を発揮しながら、「今が楽しい」「今が幸せ」と感じる乳幼児期を過ごしてほしいと願います。
いろんな人の間で生きていることを体験できる集団を通して、一人ひとりの違いをお互いに知り認め合いながら、これからの社会や国を形成する一員として自立し、社会に貢献できる人材が育ってくれることを願っています。
保育園が地域の方々の子育てのパートナーとして地域に開かれたコニュニティの場となり、幸せの輪(和・わ)が広がる園(縁・えん)でありたいと願っています。

イラスト 保育理念 イラスト
子どもの個性を尊重
社会に貢献することができる自立した人間を育成する。

イメージ写真イメージ写真

イラスト 目指す子どもの姿 イラスト
思いやりがあり、元気・やる気・根気のある子ども。

イメージ写真イメージ写真

イラスト 保育の方針 イラスト
一人ひとりの特性に応じた個性を育みます。
子どもの自発的な遊びを保障し、子どもの力を引き出します。
子どもの主体性を育みます。
人とのかかわりあいを通し、コミュニケーション能力を育みます。
身体的に健全な発育を培います。

イラスト園長あいさつイラスト

下広川保育園 園長 保育園は子ども達が初めて経験する小さな社会です。子ども同士の関わりの中で泣いたり、笑ったりしながら沢山のことを学んでいます。
「子どもの個性を尊重し、自立した人間を育成する」という目標のもと、子ども達の「生きる力」を大切に育むため、子ども達の力を信じ、見守り、心弾む体験が沢山できるような環境作りに努めています。
大切なお子様が安心して笑顔あふれる毎日が送れるよう、職員一同、心を込めて保育にあたります。
下広川保育園 園長 加藤田 薫

上に